道具の必要性から考える畳の裏返し作業

最近は、フローリングの家が多く、畳が敷いてある家庭も少なくなってきたと言われています。畳には、集中力をアップさせる効果や、部屋の湿度を一定に保ち、空気を綺麗にする、そしてい草の香りでリラックスといった効果があると言われています。こういった畳の効果を長持ちさせるために、畳の裏返しなどの畳の手入れについてお伝えします。畳は両面を使うことができるので、3年から5年ほど使った畳でも反対に裏返すことで、もう一度きれいな畳として使うことが可能となります。また、反対側がすでに毛羽立っている畳だと裏返しをしてもすぐに傷んでしまうため、裏返しを行うのに適切な時期を選ぶことが大切です。畳の状態を簡単にチェックすることで、畳の裏返しのタイミングが分かります。い草の香りがしない、表が毛羽立っている状態であれば、裏返しをする目印です。

畳の裏返しは、ただひっくり返すだけじゃない

畳の裏返しをするタイミングは分かりましたが、実際に自分で畳を裏返しすることは難しいです。言葉だけだと、勘違いをしている人もいるでしょうが、畳の裏返しは、トランプのカードを裏返すように、裏面にただひっくり返すわけではありません。畳の縁の部分を外して、畳床に固定してある畳の表の部分を裏返して再び貼り直す作業の事です。そのため、畳の表をしっかりと畳の床に固定する技術が必要となります。自分でやるには、難しいので、専門業者にお願いすることをお勧めします。畳の裏返しは、既存のパーツを使うため、比較的安くできます。畳の裏返しをすることで、畳の表面が日焼けのしていない鮮やかな色になります。また、ダメージが分散されるので、畳が長持ちします。せっかくの畳ですから、上手に裏返しをして、長く使いたいです。

畳を裏返すとこによる効果やメリット

畳を裏返したりするなどメンテナンスをすることで得られるメリットは見栄えや感触がよくなることだけではありません。新しいい草の良い香りにから来るリラックス効果だけでなく、調湿効果、空気の清浄効果、断熱効果など様々な効果が挙げられます。畳が傷んでしまうと、フローリングに替えてしまう家庭も多いのですが、畳の良さを見直してほしいです。畳をメンテナンスせずに、傷みや汚れを隠すために、畳の上にじゅうたんやカーペットなどを敷く方もいますが、長い間じゅうたんやカーペットを畳の上に敷いた状態だと、畳が湿度などの調整を行うことが出来ず、ダニの温床となることがあります。畳に潜むダニは、喘息や皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす恐れがあるので、畳のメンテナンスはとても重要です。メンテナンスを怠ると畳床まで傷んでしまうこともあるので、プロの業者に依頼して、メンテナンスをしてもらうことが一番安心です。